happle

仕上がり聴いたら凄い景気よくなってて、ありがたやーって思いました(あさみ)

-制作期間も長かったと思うんだけど、さっきデモをまず録るって話があったんだけど、アルバムを録り始めた時は完成系が出来てて、これをアルバム用に録るって流れだったの?録りながら考えようと思ってた?

ドキいや、事前に全てやる事を決めた「出来た状態」でレコーディングを始めるって感じでしたね。

-ああ、ほんと。もう全部どんな音を録ってどんなラップして、どんな順番で録ってくってのも決めた状態でレコーディングに臨んだんだ。

ドキそうですね。デモテープは全部作ったんで。その前にラップだけのライブをやったんすよ。だから、そん時には自分達で録ったカラオケでライブをやったんで、そん時にはもう曲はできてた。

-カラオケって言い方あってんの?

ドキああ、オケ?トラック?…まあ、そん時にはトラックが出来てたって事です。ほぼ。1曲除いて。で、それをAxSxEさんと録ろうって事になった時に細かく「このゾーン要らなくない?」とか大幅カットしたところもありますし、「ここサビにいく時にピロピロラインが下がるけど、上がった方が景気よくない?」とかAxSxEさんが言ったりして、それで僕らも変えましょうって変えてって一通り「出来たー!」ってなってから録音を始めたんですよ。

-ああ、なるほど。まあ、景気に関してはAxSxEさんの方が大先輩だからね。

ドキ大先輩っす。だから、よかったね。

押田&あさみうん

-初めてこのアルバムを聴いた時は、ドラムの音とかAxSxEさんもラップに寄せていつもよりカタい音にしてるのかなって印象があって、まあ聴いているうちにそんな事もねーかなとも思ったんだけど、そういう注文とかはHAPPLE側からは出してないの?

ドキうん

押田出してないです。

-私たちはこんな風に活動してきました。こんな作品をつくりたいと思ってます。AxSxEさんわかるよね?あとはよろしく!って感じ?

押田そんな威圧的な態度ではないですけど…

-でも、流れとしては自分達にできる事は責任もってやって、その先はAxSxEさんを信頼して「お任せします」って

一同うん、そうです。

押田もう録ってすぐ聴いた音も既にメチャクチャいい音だったから、「あぁ、やっぱりすごいな」って、嬉しかったです。

-押田ちゃんいい事言うなーやっぱ。

ドキほんとにぃ?

押田本当にそう

-あさみちゃんは「こんな音になって欲しい」とかなかったの?

あさみいやー、具体的にはなかったかな。でも、本当に自分が思っているより凄い明るい雰囲気に仕上がってて、しかもやっぱり(自分の)声が暗いんで。

押田(笑)

-暗いかな?

あさみ暗い。ラップにしても景気のいい感じだそうとしても限界が凄くあって、AxSxEさんの指導のもと何回も景気いい感じみたいのを録音の時に凄いいっぱいやって

押田声に関しては凄い多分…

-歌指導あったんだ?

押田ムチャクチャありました(笑)

あさみ例えば、こうなんか、なんだっけな…

ドキHAPHOP(アルバム6曲目)が凄く…

あさみそう、HAPHOPって曲がどうしても地味な声しか出なくて、でも景気よく仕上げたかったので、AxSxEさんの指導のもと何パターンも同じラップを繰り返して繰り返してやったけど、 実際自分ができてるのかな?って思ってたんですけど仕上がり聴いたら凄い景気よくなってて、ありがたやーって思いました。

-うん

あさみ景気がよくなってありがたい。自分達の実力以上に。そういう感じでした。

-いやーあさみちゃんいい事言うねー。いやーよかったなー。なんか言う事ある?(ドキに向かって)

ドキいやーもう無いかもしれない。

一同(笑)

-ま、だから、ちょっとスクラッチ音とかヒップホップ寄りの音とか、ヒップホップ然としてる部分とかもやってるけど、自分達のしてる事としては一貫して変わらないじゃん。 ドラム叩いて、鍵盤弾いて、ギター弾いて。その上でラップのアルバムを作るってのがね、素敵だと思うんだよね。

ドキうん